ナースの復職研修は受けないと損!?

 未分類  コメントは受け付けていません。
3月 052015
 
dsfjijfsd

復職の為のセミナーがあるって本当?

dsfjijfsd

ブランクのあるナースの人が再就職をする時には、
求人企業を探す前にブランク研修というものがあります。

現役を離れた期間が長ければ、
看護技術や知識に不安を持つものです。
 

看護師という仕事は人の命を預かるものですから、
心配になるのは当たり前といえます。

働きながら、最新の医療技術を身につけようと思えば
不安になりますし、この遅れを取り戻すのは大変なことです。
 

このような看護師のために、各都道府県のナースセンターなどでは
復職のためのセミナーが定期的に行われております。

 

 

就職支援と基礎技術の2つ

参加の資格は、基本的に看護師・准看護師の人で離職中であり
まだ就職先が決まっていない人が対象です。

費用は無料が多いですが、実習期間中の普通障害保険や
看護責任賠償保険の費用がかかる場合もあります。
 

研修の内容は、2つに分かれております。
再就職を支援する内容と看護基礎技術です。

これは、退職してからの期間にもよりますので、
選択ができるようになっています。
 

再就職支援の内容は、最新の医療・看護に関するものが主となります。
新薬や最近の医療機器、器具およびその取扱い方、
今の看護の動向と再就職の心構えなど講義が主体となります。

看護基礎は採血・注射の演習を含めて
臨床実習や見学
などがあります。

 

 

基礎知識とイメージトレーニング

oiweridjf

ブランクあるナースが求人に応募して見事採用となった後、
研修が始める前に確認しておきたいことは、
基本的な看護知識と採血などのイメージをすることです。

基本的な看護知識は学生時代に使っていた教科書や、
現在出ている新しい参考書などを一通り読んでおきましょう。
 

心肺蘇生法などもしっかりと確認しておく必要があります。

医療は日々進歩しているので、3年間以上ブランクがあると、
また一から勉強するという気合が必要となってきます。
 

しかし、それでも以前の知識があるのですから、
それをベースに新しい知識をできるだけ早く
入れていく
ようにしましょう。

 

 

分からない所はしっかり調べておく!

時間を見つけたら、最低限の看護知識だけにとどまらず、
できる限りの知識を習得しておいた方がいいでしょう。

感染管理などの知識もしっかりと勉強しておきましょう。
 

分からないところはしっかりと調べて、
知識を固定させておきましょう。

あやふやな知識は現場ではないのと同じです。
 

何でもかんでもとにかく読むということではなく、
大事なところは実際に聞かれてすぐに出てくるように
知識の定着までしなければなりません。

研修があるのでまだその時点でも勉強できますが、
技術面でも感覚を取り戻さないといけないので
始まるまでに知識面はしっかりと固定させておきましょう。