研修を受けないと起こり得るデメリットとは?

 求人募集  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 

 

08demeよく年配の女性の育児と、
今のお母さんたちの育児は違うといいますよね。

いろいろな面で以前から行われていたことと、
今行われていることが違うというケースがあります。

 

看護技術や知識というものも、
実はその時々でことなるものがあります。

ブランク看護師が研修を受けずに復職してしまうと、
この今の看護技術や知識を知らないまま、
現場に入っていくことになってしまいます。

 

休職期間が長ければ長いほど、
この時間経過による技術や
知識の世代間格差に悩むことになってしまいます。

 

その結果起こるのが、
今の看護には付いていくことが出来ない。
このまま働き続けるのは苦痛。

ということになり、
結局復職をすることが出来なくなってしまう。
ということがあるんですよ。

 

ブランクがある看護師が復職支援研修を受ける場合には、
入職前に受ければおしまい。
という訳ではありません。

短期間の入職前の研修で、
多くの知識や技術を身に着けられるという訳ではありませんよね。

 

できればある程度繰り返し、
研修を受けることが必要になることがあります。

このような場合、
どうしても年下の看護師から
教えてもらうということも起こります。

 

看護師はどちらかというと年功序列を気にする人も多く、
年下から教わることに抵抗感があるという人もいます。

ですが、自信をもって仕事をしていくためには、
やはり継続的に研修を受け、
最新の看護技術をしっかりと身に着けていくことが大切ですよね。

研修はやっぱり受けないとだめ?

 転職・就職  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 
07kensyu

07kensyu看護師にとって、研修と言われるとなんとなく、
新人時代のあの厳しいもの、大変だった事を思い出す。
という人も多いと思います。

 

いくらブランクがあり、
休職中に忘れてしまった知識や技術があっても、
あの研修を受けるのはもうイヤ。

という人も、正直いるのではないでしょうか?

 

そうなると、
「私は知識も技術も現役並みです。忘れていません!」
と言いたくなってしまうと思います。

でも、休職している期間が長ければ、
それだけ最新の看護技術や知識が欠けてしまっている可能性があります。

 

そのため、復職するのあたっては、
一度くらいは研修を受けておいた方が良いんですよ。

 

ブランクがある看護師が受ける研修というのは、
新人研修とは全く異なります

看護技術や知識の復習がメインで、
以前覚えたものを呼び起こすための研修になります。

 

ブランクがあっても、
自信をもって復職することが可能になるような
プログラムになっているんです。

さらに、復習をしながらも、
最新の医療技術や知識に
触れることが出来るようになっているんですよ。

 

応募前にこのような研修を受けておくと、
自信をもって復職をすることができます。

また、復職先の病院に、
このような支援プログラムがあれば、
就職した後も、しっかりと支援してもらうことが出来ます。

勉強やスキルアップ、どうしたらいい??

 職場環境  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 
06benkyou

06benkyou看護の知識というのは、
積極的に得ようとしなければ、
なかなか普段の生活では得られませんよね。

だからといって、
看護学生の頃のようにじっくりと勉強だけに打ち込める。
というような環境にある人は少ないですよね。

 

少ない時間で効率よく勉強したいという時には、
どのようにしたらいいのでしょうか。

一つは看護学生時代に使っていた
書籍やノートを見返してみることがおすすめです。

 

実は現役の看護師でも、
学生時代の書籍やノートは活用している方が多いそうです。

新人看護師向けの書籍や雑誌などは、
ブランクがある看護師でも
分かりやすく勉強することが出来ますのでおすすめです。

 

専門書を読むということであれば、
やはり自分が関心がある分野の物がおすすめです。

ただ、書籍だけを読むのはちょっと退屈ですし、
分からないことを解消するのは難しいですよね。

 

そのような時には研修に参加したり、
勉強会などに出席してみることもおすすめです。

知識は書籍でも仕入れることが出来ますが、
技術という面では書籍では難しいと感じる事も多くなります。

 

看護師の技術は正確さ、
そして迅速さが必要になるものも多く、
基本としては数を経験する以外に身に付きません。

そこで、看護協会や病院主催の研修などに参加して、
より実践的な技術力を身に着けていくことが必要になりますよね。

 

このような機会では、
最新の医療などに触れることも可能です。

最新の医療機器の操作、
管理などを学ぶことが出来る研修は、
スキルアップ法としておすすめですよ。

6月 252015
 
05saisin

05saisin医療現場を離れていると、
どうしても最新の医療情報や看護情報というものは
なかなか得られるものではありません。

ただ、医療現場を離れていても、
復職を目指している場合には、
やはり最新の情報は知りたいですよね。

 

そこでお勧めなのが、
書店の医療や看護の専門コーナーです。

書店を見てみると、このようなコーナーがあり、
看護関連の雑誌や書籍などが数多く並んでいますよ。

 

この中で医学書院から出版されてる
「今日の治療指針」という書籍は、
さまざまな診療科の専門医が執筆している治療年鑑として、
最新の情報を得ることが出来る書籍になっていますよ。

書店で立ち読みはちょっとという時には、
看護科がある大学の図書館などを利用してみてはどうでしょうか。

 

また、看護協会に問い合わせをすると、
勉強会や研修会の案内などもしてもらうことができます。

実は問い合わせをしなくても、
日本看護協会や、厚生労働省、看護関連の企業のサイトなどをチェックしてみると、
研修の情報などを入手することが出来るようになっています。

 

さらに、Twitterで最新情報をtweetしてくれる
というサービスもありますので、
一度チェックしてみてはどうでしょうか。

研修だけではなく、
例えば日本看護協会の最新看護索引WEBや、
日本看護科学会誌、日本看護研究学会などのサイトを利用することで、
最新情報を得ることが出来ます。

 

会員である必要があるものもありますが、
インターネットで読むことが出来るのは便利ですよね。

未経験看護師でも就職できる?

 仕事の内容  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 
04mikeiken

04mikeiken復職を目指す看護師の場合、
看護協会で主催する復職支援研修などに参加する。

という人も多くいますが、
中には民間の機関が実施している研修に参加している。
というケースもあるんです。

 

休職中の看護師だけではなく、
実はこのような研修は未経験看護師の場合でも参加することが出来る。
という研修も多くあるんですよ。

病院などでもこのような研修を行っているケースがあり、
参加している看護師を積極的に採用している。
というところもあるんです。

 

これは研修の中で就業相談などを行っていて、
希望がある場合には、実際に働いてみませんか?
と声をかけられることもあるんです。

 

未経験看護師が就職した場合、
はたして仕事はどのようなものになるのでしょうか?

経験がないのだから雑用ばかりになるのでは?
実際には看護師としてではなく、
別の仕事が割り振られるのでは?と思うかもしれません。

 

でも、このようなことはなく、
新卒で入職する新人看護師とほぼ同じように、
看護師として学ぶべきことをしっかりと学ぶことになる。

つまり、研修や勉強会などに積極的に参加をすることが必要で、
驚くほど業務としては過酷になることがあるんです。

今から新卒看護師同様の教育を受けることになるということは、
あらかじめ覚悟することが必要ですよね。

未経験看護師が医療機関に就職するには?

 転職・就職  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 
03iryou

03iryou看護学校に通い、
看護師の国家資格を取得した者の、
実は新卒看護師としては就職しなかった。

事情があって病棟勤務はしていない。
看護師としての臨床経験がない。
という看護師もいるのではないでしょうか?

 

でも、看護師資格を取得しているので、
看護師として働きたい。
という時に、就職できるのかどうかが心配ではないでしょうか?

やはり臨床経験がないことは、
看護師という仕事をする上ではマイナスのポイントですよね。

 

ただ、医療の現場としては、
臨床経験がない看護師の場合でも、
免許があるのであれば働いてもらいたい。

という考えもあります。

 

このような未経験看護師の就職を
応援する仕組みというのも、
整ってきているんですよ。

 

では、未経験看護師が
就職するためにはどうしたらいいのでしょうか?

研修を受けてみることをお勧めします。
研修にはいろいろなものがありますが、
お勧めなのが看護協会が実施している復職支援研修です。

 

この復職支援研修は、
未経験看護師でも参加できるんですよ。

さらに、未経験看護師を対象とした
研修制度や相談会なども実施されているんです。

 

例えば、毎日9時~15時半、
5日間にわたって行われる未経験看護師の研修では、
参加費が無料なのに昼食付で、
職場見学や看護技術の体験などを行うことが出来ます。

実際に病院などを職員と一緒に回り、
 就職相談に乗ってもらうこともできますよ。

学ぶなら雑誌や研修がおすすめ

 転職・就職  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 
02manabu

02manabu仕事から離れている看護師の場合、
やはり復職に向けてある程度復習したい。
と思う方は多いですよね。

 

でも、復習って、
看護学校時代のテキストを読み返したらいいの?
分厚い専門書を読んだ方がいいのかしら?

と思うかもしれません。

 

でも、今持っている過去のテキストや書籍というのは、
どうしても古い情報で、新しい情報ではありません。

できれば新しい情報を得た方が良いので、
大型書店などで比較的簡単に手に入る
看護師向けの専門雑誌を手にしてみてはいかがでしょうか?

 

「エキスパートナース」
「プチナース」
「ナース専科」

といった雑誌は、
最新の看護知識や技術が分かりやすく解説されていますよ。

 

基礎を徹底的に振り返りたいのであれば「ナース専科」
まず基礎の復習をするのなら、看護学生向けの「プチナース」
より臨床現場の情報をチェックしたい時には「エキスパートナース」がおすすめです。

 

勉強をするのはとても大切な事ですが、
自宅などで一人で勉強をするというのは、
実は大変ですよね。

分からないところがあった場合、
放置してしまうのはやはり心配ですよね。

 

このような時には、研修などに参加してみることもおすすめです。

他の人といっしょに学ぶ、
講師がいる研修会などで学ぶということは、
やはり一人で学ぶよりは理解しやすい面もあります。

 

ブランク看護師向けの研修などは
かなり多く実施されていますので、
ぜひ受講してみてくださいね。

復職へ向けて、おすすめの本を紹介します

 転職・就職  コメントは受け付けていません。
6月 252015
 
01hon

01hon看護師として働き、
さまざまな事情で一度休職をしている。
という看護師の方もいますよね。

そして、これから復職をしたいというときには、
やはり看護知識や看護技術の復習をしたい。
という方もいると思います。

 

そんな時におすすめの本を紹介しましょう。

 

まずは「看護基礎知識辞典」です。
これは秀和システムが発売している基礎看護の本です。
1700円と看護師の専門書としてはかなりお手頃ですよね。

つい忘れがちな観察のポイントや、看護技術、
そしてケアのポイントなどもまとめられていますので、
復職後にも活躍できる本になります。

 

さらに、しっかりと基礎の部分を復習したいということであれば、
「看護師ポケットブック」はいかがでしょうか?

これは新人看護師向けの本にはなりますが、
新人看護師向けということもあり、
基礎が分かりやすく解説されています。

 

この看護師ポケットブックはエキスパートナースという
看護師向けの雑誌を編集している編集部が手掛けていますので、
大型書店などでは比較的手に入れやすいんです。

ブランクがある看護師の場合には、このような基礎を復習することで、
覚えていた知識や技術が、すぐに思い出すことが出来るので、
一度手にとってみてはいかがでしょうか?

ナースの復職研修は受けないと損!?

 未分類  コメントは受け付けていません。
3月 052015
 
dsfjijfsd

復職の為のセミナーがあるって本当?

dsfjijfsd

ブランクのあるナースの人が再就職をする時には、
求人企業を探す前にブランク研修というものがあります。

現役を離れた期間が長ければ、
看護技術や知識に不安を持つものです。
 

看護師という仕事は人の命を預かるものですから、
心配になるのは当たり前といえます。

働きながら、最新の医療技術を身につけようと思えば
不安になりますし、この遅れを取り戻すのは大変なことです。
 

このような看護師のために、各都道府県のナースセンターなどでは
復職のためのセミナーが定期的に行われております。

 

 

就職支援と基礎技術の2つ

参加の資格は、基本的に看護師・准看護師の人で離職中であり
まだ就職先が決まっていない人が対象です。

費用は無料が多いですが、実習期間中の普通障害保険や
看護責任賠償保険の費用がかかる場合もあります。
 

研修の内容は、2つに分かれております。
再就職を支援する内容と看護基礎技術です。

これは、退職してからの期間にもよりますので、
選択ができるようになっています。
 

再就職支援の内容は、最新の医療・看護に関するものが主となります。
新薬や最近の医療機器、器具およびその取扱い方、
今の看護の動向と再就職の心構えなど講義が主体となります。

看護基礎は採血・注射の演習を含めて
臨床実習や見学
などがあります。

 

 

基礎知識とイメージトレーニング

oiweridjf

ブランクあるナースが求人に応募して見事採用となった後、
研修が始める前に確認しておきたいことは、
基本的な看護知識と採血などのイメージをすることです。

基本的な看護知識は学生時代に使っていた教科書や、
現在出ている新しい参考書などを一通り読んでおきましょう。
 

心肺蘇生法などもしっかりと確認しておく必要があります。

医療は日々進歩しているので、3年間以上ブランクがあると、
また一から勉強するという気合が必要となってきます。
 

しかし、それでも以前の知識があるのですから、
それをベースに新しい知識をできるだけ早く
入れていく
ようにしましょう。

 

 

分からない所はしっかり調べておく!

時間を見つけたら、最低限の看護知識だけにとどまらず、
できる限りの知識を習得しておいた方がいいでしょう。

感染管理などの知識もしっかりと勉強しておきましょう。
 

分からないところはしっかりと調べて、
知識を固定させておきましょう。

あやふやな知識は現場ではないのと同じです。
 

何でもかんでもとにかく読むということではなく、
大事なところは実際に聞かれてすぐに出てくるように
知識の定着までしなければなりません。

研修があるのでまだその時点でも勉強できますが、
技術面でも感覚を取り戻さないといけないので
始まるまでに知識面はしっかりと固定させておきましょう。